曳家見学


少し前のことになるのですが
近所で知人の建設会社が曳家の見学会をするとの事で
見学に行ってきましたので報告いたします。

「曳家(ひきや)」とは建物や構造物を持ち上げて移動することを言います。

身近なところで言えば交流センターの横にある県政記念館が曳家にて移動しましたね。
さて、今回は住宅を道路拡張のために移動する作業でしたが
間近でじっくりと見てきました。

このようにジャッキアップした建物の下にレールを入れて移動します。

建物を横に移動させる機械は油圧式。

レールにジャッキを取り付ける人と別に、オペレーターが操作をします。

ちなみに下に潜るとこんなカンジ☆
皆さん!
なかなかこんなアングルで写真は撮れませんよ~(笑)

交差するレールの大きさは用途によって使い分けていますが
何か見覚えがありませんか?

・・・・・・・・・・そう!
何とJRや市電のレールを使用しているんです!

そしてこれが滑車。

このようにして建物をゆっくり移動させていくんですね!

道路拡張や区画整理など、建物を移動したい時などに
このように建物に負担をかけずに移動させる事が出来ます。

今後は建物をリノベーションする際に
配置を変えて使い勝手を良くするなど
さまざまな可能性や必要性が出てくると思います。

是非、皆さんもこのような事が身近で出来るのだと
心に留めておいていいかもしれませんね!

インターンシップ


今週は一週間、専門学生さんがインターンシップに来ています。

作図を中心に現場に連れて行ったりしていますが
なんだかんだで残り2日となりました。

個人事務所で一人でやっているために
なかなか指導という指導が出来なくて申し訳ないのですが
この一週間で何かを得てもらえればと思います。

ちなみにオープンデスクは随時募集中で
インターンシップも面談の上受付中です☆

出前授業&オリジナルキャラクター


本日、玉龍高校へ建築士事務所協会の広報委員メンバーと3人で
出前授業を行なって参りました。

私の母校に続き普通高校はこれで2校目になります。

今回の玉龍は中学高校一貫なので中学生も含め
30名弱集まりました。

さすがに高校3年生の質疑は具体的なものも多く
建築に対する意識も高く手応えを感じました。

これで建築関係に進んでくれたらと思います☆

関係者各位の皆様ありがとうございました。

そして、今日から始まっている「住まいと建築展2015」の
建築士事務所協会のブースで初お披露目になっている
オリジナルキャラクター「ずめん侍&ずめん姫」

みなさん、これから是非かわいがってください!
目指せ着ぐるみ!です。(笑)

ツーリングレポート「建造物と風景を食でツナギたいツーリング」地域性を感じる旅


「建造物と風景を食でツナギたいツーリング」のレポートを致します!
いやぁ~とても充実したツーリングでした☆
長文になりますが出来るだけ簡潔に報告します。

まず、奇跡的ナイスタイミングだったのは
赤崎小学校の跡地再利用のワークショップに参加出来たことです!

偶然にも体育館で行なわれるワークショップの第2回目開催日で
スタッフの方から参加を勧めていただき途中から第5班に入る事が出来ました。

まず簡単に赤崎小学校の説明をします。

赤崎小学校は、1874年に民家を借りて開校。
現在の海上式の校舎になったのは、1976年。

海上に建築したのは、少ない用地を有効に利用するためだったそうです。

しかし、残念ながら児童の減少理由や耐震性の理由等で2010年3月に閉校となりました。

このように校舎は陸から離れて海上に杭を基礎にして設置されています。

今回のワークショップは赤碕小学校跡地利活用検討会議事務局が主催で開催されていました。

模型なども用意され、地域の方たちと話し合いを発表していきます。

赤崎小学校の卒業生など、皆さんそれぞれ利活用するために一生懸命アイデアを出していました。

私も自分なりの意見を申し上げ、地元の方と連絡先を交換するなど
とても貴重な経験をさせて頂きました。

今後は第3回ワークショップを12月に開催して意見をまとめるそうです。
スタッフ及び参加者の皆様、温かく迎え入れてくださりありがとうございました☆

もし、今後の動向が分かるようであればココでも報告していきます!

そして次に向かったのは旧津奈木隧道。

明治36年に完成し、旧国道3号線の津奈木太郎(津奈木峠)に造られた
歴史あるレンガ造りのトンネルです。

オランダ人技師による設計・施工と言われており、フランス積とイギリス積を採用。
入り口のポータルの造りは明治時代の大規模な隧道によくみられるもので全長211.6m。
ただし今回は台風の影響で道路の状態が悪く、暫くは見に行くのを控えた方が良いかも知れません。

そして、秘境にある焼肉屋「ダ・ロープ亭」へ。
で・・・・・です!(笑)

美味しかったです!
かなりの山奥なのですが席は満卓でした。
もしかして「秘境感」が満足度を高めるのでしょうか?
この場所だからこその価値観があるのかもしれません。

それから寒川地区の棚田へ

この頃にはもう日が暮れ始めており写真もバタバタ。。。(汗)

山間にある壮大な棚田は点在する民家が傾斜地に段々と水平の田んぼを作ったもの。

この場所でなければ!という想いが強烈に伝わってきます。

これからもこういう風景を残せていけたら良いのになぁと思いました。

さて、今回はソロツーリングになってしまったので
急遽アドリブ的な行程で強行することもありましたが
とても満足のいくツーリングでした。

事務所として開催したので地域のワークショップに飛び入り参加できた事は
偶然とは言え、とても有意義な出来事でした。
「地域性」の重要さやアピールの仕方など
その『場所』であることの意義が大切なのではないかと感じた一日でした。

次回はもっと幅広く参加できるように計画しようと思います。
お楽しみに♪

徳永建築事務所は鹿児島市を中心に住宅や店舗・オフィス・医療施設・福祉施設等様々な建物の建築設計・施工監理を行う建築設計事務所です。

鹿児島で住宅設計をするなら徳永建築事務所にお任せください。

お問い合せはこちら 099-243-0555

お知らせ

徳永建築事務所オリジナルフォトブック 徳永建築事務所では施工されたお客様に完成写真を記録したオリジナルフォトブックを進呈しています。