ヒアリングから設計企画、工事の監理まで同じ設計士が行うので、縦割り担当で生じるイメージの乖離が生じません。

そのため営業担当と設計担当で意思が伝わらずに、現場が始まってから生じる計画のズレを最小限に抑える事が出来ます。

また現場が始まってからも、監理として工事に携わりますので施工中の分からない事にも対応できますし、工事監理チェックを・基礎検査・金物検査・防水検査・断熱検査・外装及び内装検査・竣工立会いの各種ごとに行うので二重に安心です。