熊本地震被害調査~宇城市編~


先日、熊本の宇城まで地震被害の調査に行って参りました。

今回の調査は文化庁からの「文化財ドクター」という役割で
『ヘリテージマネージャー』の資格者が2次調査を行うものでした。

これは1次調査で被害状況を調査した後
被害の程度により補修が必要な建物に適切な見解を与える作業で
測量と調査票を作るのが役目になります。

「赤色・黄色・緑色」という張り紙で判定する
『応急危険度判定』とは異なり、具体的な被害を把握するため
1件1件詳しい被害状況を調査して行きます。

ここは一部の壁が崩れたり、向拝部分が崩壊したりして
応急処置的なものはしているものの
その後の補修方法を考えあぐねている状況でした。

「補修はしたいけど、まずは近隣住民の復旧が先でしょう。」と
調査した際に住職の方が苦しい胸のうちを語っていただきました。

他にも、なかには改修して20年弱で今回の地震により
大きな被害を受けたところもありました。

窓の数など明るさを確保するための配置が
かえって地震の影響を受ける原因になっていました。

ワイヤーなどでこれ以上は倒壊をせぬように処置をしているものの
工事自体は5年先になるかもしれないと言われているそうです。

熊本の地震はまだ終わっていません。

苦しんでいる方はまだまだおられますが
皆さん頑張っていらっしゃいますし
私達も少しでも力になれるように協力をしていきます。

何とか乗り切っていきましょう!
がんばれ熊本!

     

文化財調査派遣活動


熊本地震の影響で被害が出た文化財建物を調査をしに
今回は大分県の豊後大野地区を回ってきました。

鹿児島は廃仏毀釈が徹底されたので
古い仏閣はほとんど残っておりませんが
この近辺にはたくさんの歴史ある遺産が残っており
1チームで10箇所前後、2チームで2日間かけて調査しました。

幸いに大きな被害が見受けられるものは無く
滞りなく調査は進みましたが
深い山の中にも立派で歴史ある寺社が残っており
昔の活気ある集落を想い、その歴史に思いを馳せました。

今回はカメラが同行したメンバーのものだったので
殆どありませんが、なかでも印象に残ったのは
沈堕発電所跡だったのでスマホで何枚か撮って来ました。

一日も早い復興をお祈り申し上げます。

    

職業講話


先日、武岡台高校の職業講話「未来共創プログラム」へ
出前授業の一環として参加してきました。

広報委員会として前年度は委員長としてやってきましたが
今年度からは担当理事として参加することになります。

普通高校の学生さんに、大学進学や職業選択の一つとして
建築の「設計」というものに興味を持ってもらおうと始めた活動です。

記事には載っていませんが、建築にとっては重要な
構造のことについても興味を持ってもらうように
構造設計事務所のメンバーが参加して分かり易く説明したりしました。
今後も市内の普通高校を中心に活動を続ける予定です。

こらから先の時代、建築設計はハードはもとより
ソフトの部分でも「まちづくり」に関わっていく
大切な仕事になると思います。

少しでも「建築設計」の職業内容の周知、地位向上の力になれればと思います。

   

技術セミナー参加


鹿児島県県建築士事務所協会(設計協会)と賛助会が合同で開いた
大スパン集成材セミナーに参加してきました。

専用の金物を用いることで、柱間のスパンを約2倍に出来る工法。
県木造住宅協同組合の現場を見ながら説明を受け
その後に会議室に場所を変えて
スライドを見ながら他の物件などの説明を受けました。

単純に柱を多く配置し、開口部を少なくしたガチガチの建物が良いのか?
そういう早まった結論を出さず、いろいろな可能性と根拠を見極めて
熊本のことも含め、構造について今後の木造を考える良いきっかけになりました。

ちなみに・・・・・

読み難いかもしれませんが
建設新聞のインタビューに載ってしまいました。。。(笑)

1 / 3123

徳永建築事務所は鹿児島市を中心に住宅や店舗・オフィス・医療施設・福祉施設等様々な建物の建築設計・施工監理を行う建築設計事務所です。

鹿児島で住宅設計をするなら徳永建築事務所にお任せください。

お問い合せはこちら 099-243-0555

お知らせ

徳永建築事務所オリジナルフォトブック 徳永建築事務所では施工されたお客様に完成写真を記録したオリジナルフォトブックを進呈しています。